診療のご案内
 
携帯サイトはこちらから

スマホサイトはこちらから
連携医療機関
NTT東日本札幌病院 
KKR札幌医療センター斗南病院
 
問診票
診療のご案内
乳がん検診

視・触診、マンモグラフィー(レントゲン)、エコー(超音波検査)を行います。
乳がんにはマンモグラフィーでうつらずエコー検査でしかわからないものや、その逆でマンモグラフィーでのみでわかるものがあります。ですから基本的には両方の検査(マンモグラフィーとエコー)を受けることをお勧めします。異常が認められば下記の細胞診や組織診を行います。

※ 症状がある場合は保険診療の適応になります。症状のない方は自費検診となります。
症状のない札幌市在住の方は札幌市の乳がん検診を受診することができます。
40歳以上の女性で年齢が偶数の札幌市民を対象にした検診で、札幌市の補助があります。

札幌市乳がん検診
また年齢が限定されますが乳癌検診を無料で受けられる札幌市が発行する無料クーポンもあります。
詳しくは札幌市保健所のホームページhttp://www.city.sapporo.jp/hokenjo/をご覧下さい。
検査料金
乳房に気になるしこりのある方
視・触診、マンモグラフィー、エコーを行います。
必要であれば細胞診や組織診を行います。
乳がん検査の説明
乳癌診断
腫瘍など異常が認められた場合、穿刺吸引細胞診や針生検を行い、良性・悪性の鑑別を行います。良性の診断であれば、半年~1年後の経過観察となります。悪性の診断(乳がん)であれば手術や薬物療法などの治療が必要になります。
乳房の手術

手術は連携病院で行います。

木曜日の午後、NTT東日本札幌病院などの連携病院に赴き手術を執刀します。手術後は連携病院の医師とともに治療にあたり、退院後はクリニックで手術後の治療や検査を行います。

整容性

乳がんの手術では温存手術においては、傷の小さい、目立たない、そして乳房のふくらみなど美容上に配慮した方法で行っています。具体的には傷の目立ちづらい乳輪に沿った2.3cmの傷から乳房部分切除を行い、切除・欠損部は周囲の組織を広範に剥離・縫合し、充填することで形くずれしないよう努めています。患者さんにとって肉体的・精神的に優しい手術を行うよう心がけています。以前は内視鏡を用いて上記手術を行っていましたが、最近では手術器具や技術の進歩により内視鏡など特殊 な器械を用いることなく直視下に行っています。
既に乳がんと診断された方で、傷の小さい、美容上配慮した手術を希望される方は一度ご相談にいらして下さい。

手術後の経過

乳がんの手術後には多くの方に再発予防の目的で薬物療法を行います。
薬の種類には大きく分けて抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬があります。
これらほとんどのものは外来通院で可能です。一部の抗がん剤治療、あるいは初回治療のみ入院して行うものもありますが、こういった場合、連携病院でともに治療にあたります。また、手術後の定期的な検診として、乳房の診察、レントゲン、エコー、採血を行い、異常がないか確認します。

 
 
  Copyright(C)Shikishima Breast Clnic All Rights Reserved.